わんちゃんの体調チェック

長時間のなれない移動でペットは普段とは違う環境に曝されてしまいます。

車の場合、普段あまり車に乗せてお出かけしない時には、1,2週間前から積極的に車に乗せて、わんちゃんがすきそうなところに連れて行き、車に乗ると楽しいことが起こる!という条件反射ができるようになるといいですね。

車の中はケージと決まっている場合にはケージに入るのにも慣れてもらいましょう。

普段お家では喜んでケージに入るワンちゃんも車が初めてだと恐怖感を感じて元気がなくなってしまい、目的地に着いたときにはぐったり・・・なんてこともあります。

持ち運びようのケージに入れて飛行機に乗るときは、できるだけ空港でレンタルできるケージではなく、ワンちゃん専用のケージを用意してあげましょう。

 

空港のレンタルケージは他のワンちゃんのにおいがついていることもありますので、ずっとおちつかないままのフライトとなってしまうかもしれません。

その点、自分のケージで普段ワンちゃんが大好きなおもちゃなども一緒に入れてあげると安心です。

せっかくの楽しい旅行が主役のワンちゃんが体調を崩してしまうと台無しですよね。

何か心配ごとがあるときには事前に獣医師に相談をしておいてお薬や対処方法などを十分知っておくとさらに安心ですね。

そして最後に忘れてはならないのが帰宅してから。

ワンちゃんは旅行中は気が張っていてハイになっていると、ついついがんばって遊んでしまい、普段程寝ないワンちゃんが多いようです。

帰ってきたらぐったりしていると思うので、1,2日はゆっくりとさせてあげてくださいね。


Related posts:



トラックバックURL

http://onsen.ws/20090527-health.html/trackback

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

*

TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED